snovaのブログ

プログラミングとか、日常のこととか、アウトプットしたほうがよいと聞いたので

応用情報技術者試験に合格した話

はじめに

数か月前の話になりますが、応用情報技術者試験を受験して、無事に合格しました。 備忘録を兼ねて、そのときの勉強方法をまとめたいと思います。

受験背景

なぜ受験したかという理由ですが、大きく3点あります。

  1. 本職は電気設備エンジニアだが、情報システムの構成を考えることがある
  2. 自己研鑽
  3. 合格したら会社から祝金がもらえる

特に、1番の理由は深刻で、会社には情報システム担当者が少なく、システム構成も電気屋さんも考えろみたいな形で仕事が進められることがあります。 そのため、ほぼ独学で知識を習得する必要があり、基礎を勉強するため受験しました。

午前試験勉強法

勉強を始めたころ(試験の3カ月くらい前)はネットで調べた参考書を使用しました。 ある程度眺めたら、あとは過去問を解きました。 このとき、非常にお世話になったサイトが応用情報技術者試験ドットコムさんです。

www.ap-siken.com

重い本も持ち歩かなくても良いし、通勤中やお昼休みも勉強できるので、大変助かりました。 過去問は10年分を8割以上理解できるように何度も繰り返し演習しました。

午後試験勉強法

こちらも午前試験と同様に参考書を購入後、応用情報技術者試験ドットコムさんにお世話になりました。 ただ、午前試験がある程度理解できないと、午後試験は手も足も出ないため、試験の2カ月前から午後試験の勉強を開始しました。

午前試験の勉強で自分の得意不得意がなんとなくわかっていましたが、実際に午後試験を解いてみると、難しく感じる分野とそうでもない分野がありました。 そのため、保険をかけつつ分野を絞って勉強することにしました。

重要となる勉強する分野の選定ですが、応用情報技術者試験では必須科目1つと選択科目4つを選んで解く必要があります。 私が勉強するために選んだ科目は、以下の必須科目1つと選択科目5つ(保険込み)です。

このうち、プログラミングと組込みシステム開発はプログラムを組む人にとって比較的点数を取りやすい分野なので、注力して勉強せず、それ以外の科目に集中して過去問演習しました。

試験当日

午前試験は難なくクリアし、午後試験に挑みました。 問題をざっと眺め、最終的に選択した科目は、

一番苦戦したのはプログラミングでした。 結果的には問題なかったのですが、しっかり対策しておけばよかったと思いました。

おわりに

応用情報技術者試験は専門分野とは異なる試験ですが、勉強していて面白い試験でした。 また、普段の業務ではおそらく得ることのできなかった知識を獲得でき、視野が広がりました。 情報処理技術者試験はまだまだ他にもあるので、まずは自分の業務に関係する試験を受けたいと思います。

Github pagesでポートフォリオを作成

はじめに

デザイナーでもITエンジニアでもありませんが、趣味でプログラミングをしているので、これまでの成果をまとめてみようと思いました。 今回はポートフォリオを作成した方法について備忘録としてまとめます。

作成したポートフォリオ

snova301.github.io

目次

手段

どのツールを使って公開するのか検討しました。 私はあまりデザインが得意ではなく、またIT系に転職予定ではわけではないので、簡単に編集できる&無料&ずっと使い続けられるサービスを探しました。 候補はいくつかありましたが、手軽で使いやすいと感じたGithub Pagesを採用しました。 また、多くの方はHTMLやCSSを編集して自分のサイトで公開していますが、勉強し始めると時間がかかりそうなので、今回はmarkdownで記述しました。

方法

Github Pagesを公開する方法は非常に単純で以下のような流れとなります。

  1. Githubで新しいリポジトリPublicで作成し公開
  2. 公開するファイルの作成
  3. 作成したリポジトリsettings->pagesからGithub Pagesを作成

アドレスはhttps://[アカウント名].github.io/[リポジトリ名]/となります。 私の場合は、https://snova301.github.io/Portfolio/

Github Pagesを更新したいときは編集したファイルをpushするだけです。 すぐには更新されませんが、数分後にページが更新されます。

また、Githubが提供している中から好きなテーマを選択することができます。

今後について

ポートフォリオは他人に読んでもらうものなので、過去のソースコードやブログの内容をきれいにします。 また、内容としてはまだまだ薄いので中身を充実させて、HTMLで作成したいなと思います。

参考サイト

REALFORCEのキーボードとエルゴノミクスマウスを購入した話

はじめに

一昨年、そこそこのデスクトップPCを購入しましたが、周辺機器については費用の兼ね合いもあり、同じものを使用していました。 しかし、そろそろ使い勝手のいいものを買おうと思い、キーボードとマウスを新調しました。

目次

キーボード

以前から使用していたキーボードはパンタグラフタイプのBluetooth接続できるモデルでした。 不満だった点は耐久性、タイピングした時の感触や音、全体的に省スペース設計で入力しにくかったこと、無線接続なので電池交換必要だったり、タイマーで省エネモードに入ることでした。 ですので、今回は

  • 耐久性の高くタイピングしやすい静電容量無接点方式
  • 使用場所は家なので、重くても良い
  • テンキー付き
  • 電池交換が不要な有線接続

で、検討しました。

その中から選ぶとしたらHHKBかREALFORCEの2択でしたが、テンキー付き静音モデルが欲しかったのでREALFORCE R2S-JP4-BKにしました。

REALFORCEのキーボードを使用してみて

ずっと使っていたキーボードに比べてピッチが長くなったので、最初は誤字だらけでしたが、慣れてくると心地がいいタイピングができるため、ずっと入力し続けられました。

f:id:snova301:20210430075551j:plain
開封

f:id:snova301:20210430075739j:plain
開封

今のところ短所は感じていないのですが、強いて言うならイニシャルコストが高かったことでしょうか...

マウス

マウスも同じものを8年以上使用してきましたが、さすがに外装がボロボロになってきたので、買い換えることにしました。 条件としては、

  • 静音型
  • 持ち運びは基本的にしないので大きさは関係ない
  • 無線式

だけだったので、どうせなら腱鞘炎防止のためエルゴノミクスマウスを買ってみようかと思い、商品を探しました。 商品の種類もたくさんはなかったのですが、最初のエルゴノミクスマウスとして値段が手ごろなサンワサプライの400MA-092SSにしました。

サンワサプライのエルゴノミクスマウスを使用してみて

腱鞘炎の症状が緩和されるかなと思っていましたが、思いのほかマウスのせいで手首がやられているわけではないようで、効果がわかりませんでした。 ただ、確かに手首の負担は少なくなっているのは実感できるので、今後もマウスを買い換える時はエルゴノミクス型にしたいと思います。

f:id:snova301:20210430080142j:plain
マウス使用中

最後に

REALFORCEのキーボードは高かったですが、購入してよかったなと思いました。 サンワサプライのエルゴノミクスマウスもコスパが高い商品でした。 これからも新しい周辺機器を購入したら、報告したいと思います。